TOPICS

青森県三戸町アップルビール生産プロジェクト 災い転じて福と為す守り札復刻プロジェクト

PROJECT

株式会社YAEN地方創生ファンド

目標金額を達成し、このプロジェクトはサクセスしました。お申し込みいただいた皆さま、ありがとうございました!

=He & bar=「Tanimachi(タニマチ)」プロジェクト

目標金額を達成し、このプロジェクトはサクセスしました。お申し込みいただいた皆さま、ありがとうございました!

株式会社YAEN起業プロジェクト

目標金額を達成し、このプロジェクトはサクセスしました。お申し込みいただいた皆さま、ありがとうございました!

バッグブランド「Hanaa-fu」プロジェクト

目標金額を達成し、このプロジェクトはサクセスしました。お申し込みいただいた皆さま、ありがとうございました!

神戸生まれのブランド「ATAO」プロジェクト

目標金額を達成し、このプロジェクトはサクセスしました。お申し込みいただいた皆さま、ありがとうございました!

PRESS

日経新聞掲載 読売新聞掲載

Information

シーソー背景 プロジェクト
シーソー台
事業者

【購買型】全国の個人経営牧場の情報ネットワークをつくりたい!

募集受付は終了いたしました

このプロジェクトの推薦者からのコメント

「あって当たり前のものは、なくなったときにその大切さに気づきます。」

この言葉がとても心に刺さりました。

僕が地域おこしに興味を持ち出したのも、地元の小さなお店がなくなったことがきっかけです。

「知らない」をなくしたい。地域の埋もれている魅力を発掘する。
とても共感します。応援よろしくお願いします。

宙とぶペンギンパートナー/地方創生会議Founder 小幡和輝

私たちが活動する広島県東広島市志和町で、130年続いた松島牧場が6月末で廃業になりました。

「搾りたての美味しくて健康的な牛乳を地域の人に届ける」ことにこだわり続けた牧場。目の前で起きたこの出来事を「片田舎の仕方ないできこと」で終わらせずに、日本全体の問題としてとらえるために、そしてその問題を解決するために私たちにできる最大限のことをしようと、メンバーで話し合いました。

そして、全国のローカル牧場をつなぐ「日本ローカル牧場サミット」を開催しようという考えに至りました。

今回のプロジェクトでは、そのサミット開催の準備として、 松島牧場の存在を歴史に残すための写真集製作と、全国および世界のローカル牧場を訪ね、日本最大規模のローカル牧場の情報ネットワークをつくります。

あいさつ

こんにちは!プロジェクトメンバーの杉川幸太です。私たちは広島県東広島市志和町で茅葺古民家の活用保全活動や私塾の経営を行なっています。

(写真:プロジェクトメンバー。松島牧場のみなさんと一緒に。) (写真:プロジェクトメンバー。松島牧場のみなさんと一緒に。)

茅葺民家の保全活用では2件の茅葺民家を借り受け、ホタルの宿自然学校 (体験型施設) とほたる荘 (私設図書室) として多くの方々に使っていただきながら、保全する仕組みづくりを行なっています。

また、寺子屋こんこんという私塾を経営し、志和の子どもたちへの教育環境の提供を行なっています。

寺子屋こんこん
ほたる荘 (写真:かやぶき屋根の小さな図書室「ほたる荘」)

志和町ではここ10年ほどの間に、酒蔵や温泉、そして今回のテーマである牧場などの地域産業が次々に廃業し、さらには小学校の統廃合や茅葺民家の激減など、産業と文化の衰退が止まりません。

これは日本全国で起きている問題だと思います。目の前で起きるひとつひとつの出来事を「残念だね」「仕方ないね」で終わらせず、「今自分にできることは何か?」を問い直す機会とし、行動に移して行く必要があると思います。

今、私たちがみなさんの力をお借りしながらできる最大限のことを、実行していきます。

ほたる荘 (写真:志和の風景。志和堀地区には茅葺民家も残る。)

プロジェクトで実現したいこと

① 松島牧場の写真集をつくり地域の歴史として残す

明治21年創業。130年ものあいだ搾りたての牛乳を地域の人々に届けて来た松島牧場がこの6月末で廃業になりました。あって当たり前のものは、なくなったときにその大切さに気づきます。

志和における地域産業の廃業はもちろんこれが初めてではありません。約9年前に志和の豊かな水資源を使ってお酒を醸していた「千代乃春酒造 (創業260年)」廃業し、3年前には「並滝寺 湖粋園 (温泉宿)」が廃業しました。

産業だけではなく、来年度には小学校の統廃合が始まり、そして地域に残る貴重な茅葺民家も特にここ10年ほどで激減しています。

約9年前に廃業した千代乃春酒造 (写真:約9年前に廃業した千代乃春酒造)

ひとつひとつの出来事は「仕方ない」で済まされること多いけれど、それが重なると確実に地域の力は弱まります。

人は忘れる (忘れたい) 生き物。今回の松島牧場の廃業を「忘れられない」出来事にするために、写真集として地域の歴史に残します。

すでに写真撮影は終了し、今後、松島牧場さんの協力を得ながら、写真集として仕上げます。支援いただいたみなさまへのリターンには、本気の写真集と、簡易版のフォトブックを準備する予定です。

この規模の牛乳製造設備は貴重 (写真:この規模の牛乳製造設備は貴重)

② 全国と世界のローカル牧場を訪ねる

松島牧場さんにお話を伺ったときに驚いたことがありました。それは、私が活動する志和地区は広島でも有数の個人牧場地区で、今でも5ヶ所の牧場が経営を続けているということ。

検査基準が厳しくなっていることもあり牛乳を作る牧場さんはなくなってはいるものの、生乳を企業に販売したり肉牛に転換するなどして経営難を乗り越えているそうです。地域に長年住んでいる方でも「そんなにあるのか?」と驚かれる状況です。

社会課題を解決する上で、この「知らない」という状況は何よりも危険な状況です。メンバーで話し合い、まずはこの課題を解決することを目指そうと決めました。

日本全国にある個人経営の牧場のうち、特に地域に住む方々のために牛乳や肉を作り続けている牧場さんを探し、メンバーで足を運び、現状と工夫しているポイントなどの情報を集めます。また、今回は海外にも目を向けます。法律や文化の違いなどにも着目し、日本で模倣できそうな具体的な事例を収集するのみでなく、日本のローカル牧場との連携の可能性も探ります。

③に示す仕組みも取り入れながら、日本最大規模のローカル牧場の情報ネットワークをつくります!そして集めた情報をSNSや書籍等で発信し、多くの人が興味を持ち「知っている」状態を作れたらと思います。

③ 全国のローカル牧場の情報を集める仕組みをつくる (仲間になってください!!)

今回のプロジェクトでは全国あるいは世界のローカル牧場を巡り、情報を集め、ローカル牧場の情報コミュニティーをつくりたいと考えています。ただ、小規模経営の牧場はインターネット上での情報も少なく、探し出し巡ることは簡単なことではありません。

そこでみなさんにお願いです。
みなさんがお住いの地域周辺にも個人経営規模の牧場が必ずあるはずです (すでに頭に浮かんでいるのでは?)。その牧場に足を運び、牧場の情報を収集するお手伝いをいただけませんでしょうか?

今回のクラウドファンディングで「牧場訪問メンバー権」というリターンが、ほとんどのリターンに入っています。お住いの地域周辺の牧場を訪問いただける方はこちらのリターンを購入いただき、ご協力をいただければ幸いです。

集まった情報は調達資金の金額により書籍あるいはZINEの形で見える形にします (資金に余裕があれば専用のwebサイトも作りたい)。そして、情報を提供いただいたみなさんは、この書籍にお名前を掲載させていただきます。また、リターンの金額によっては「コラムを書く権利」や「プロジェクトメンバーとして写真付きで紹介」というコースもございます。ローカル牧場に特に愛をお持ちの方はこちらをご支援ください。

お申し込みいただいた資金の活用方法

  • 松島牧場の写真集&フォトブックの制作:80万円
  • 全国および世界の牧場を巡る交通費等:150万円
  • 書籍化:50〜300万円
    (一般書籍の場合:300万円、ZINEの場合:50万円)

※ 集まった金額により書籍のタイプやクオリティは変更になります。

リターン

(1) 1000円 (寄付重点コース)

サンクスメール

(2) 3000円

松島牧場のフォトブック
牧場訪問メンバー権 (書籍に記名)

(3) 3000円 (寄付重点コース)

サンクスレター
牧場訪問メンバー権 (書籍に記名)

(4) 5000円 (寄付重点コース)

サンクスレター
牧場訪問メンバー権 (書籍に記名)

(5) 10000円

松島牧場のフォトブック
ローカル牧場のギフト
牧場訪問メンバー権 (書籍に記名)

(6) 10000円(寄付重点コース)

サンクスレター
牧場訪問メンバー権 (書籍に記名)

(7) 30000円

松島牧場の本気の写真集
牧場訪問メンバー権 (書籍に記名、コラム書ける権)

(8) 50000円

松島牧場の本気の写真集
志和の有機野菜
牧場訪問メンバー権 (書籍に記名、コラム書ける権)

(9) 100000円

松島牧場の本気の写真集
牧場訪問メンバー権 (書籍に記名、コラム書ける権)
プロジェクトメンバーとして書籍で紹介 (希望があれば写真付き)

<牧場訪問メンバー権について>
リターンとして「牧場訪問メンバー権」を購入いただいても、必ず牧場に行かないといけない訳ではありません。牧場を訪問いただける方は、メール等で改めて募らせていただきます。実際に牧場を訪問し情報を収集していただける方には、事前に「調査項目」「写真を取るポイント」などをまとめた資料をメール等で送らせていただきます。また、訪問いただいた牧場の情報全てを書籍に掲載できない可能性があることを、あらかじめご了承ください。

<コラム書ける権について>
3万円および5万円のリターンとして「コラム書ける権」があります。これは、私たちとみなさんで集めた情報を書籍にする際に、ローカル牧場あるいはそれに関連する事項で「コラム (1ページ以内)」を書いていただける権利です。具体的な文字数や内容について改めて相談をさせてください。

で紹介 (希望があれば写真付き)

★★★数量限定のスペシャルリターン★★★
6月30日に廃業した松島牧場の幻の牛乳が飲める、スペシャルリターンです。
数に限りがあるので、早い者勝ちです!松島牧場の牛乳が飲めるのは本当にこれが最後です。。

(10) 2000円 (松島牧場の牛乳コース、限定33セット)

6月30日に廃業した松島牧場の牛乳 180mL (1本)
牧場訪問メンバー権

(11) 6000円 (松島牧場の牛乳コース、限定7セット)

6月30日に廃業した松島牧場の牛乳 900 mL (1本)
フォトブック (後日郵送)
牧場訪問メンバー権

牛乳

プロジェクト概要

プロジェクトの名称
全国の個人経営牧場の情報ネットワークをつくりたい!
事業者
杉川幸太
事業内容
目標募集額
金2,800,000円
申込期間

2018年06月30日~2018年08月31日

申込金の使途
  1. (1) 松島牧場の写真集制作、写真の現像
    (2) 全国および世界の特徴的なローカル個人牧場の情報収拾
    (3) (2) の活動の書籍化

※こちらのプロジェクトは、All in型のプロジェクトです。

All in型は、目標金額を達成したかどうかに関わらず、プロジェクト自体は実行可能でリターンをお返しすることができる場合に設定されます。お申込みいただきますと、毎月末ごとに申込情報を取りまとめ、クレジットカード会社を通じてご請求をさせていただきます。またその都度、リターンの提供に必要な情報を事業者に対してお知らせいたします。

プロジェクトメンバーの紹介

杉川幸太 (SUGIKAWA Kouta)

杉川幸太 (SUGIKAWA Kouta)

プロフィール:広島大学の教員。「教育改革は環境づくりから!」をキーワードに、志和で茅葺民家を活用・保全活動や広島大学内オープンスペースの企画・運営などを、学生らと進める。

コメント:志和に関わり始めて4年。目の前で起きた牧場の廃業に、自分でも予想できなかったほどのショックを受けています。美味しい牛乳を地域の人々に届けるという、当たり前のことができなくなる時代。牧場の方の話を聞くと、「売り上げ」以上に、検査基準の厳格化や機械を修理する人の高齢化などが問題になっていました。私一人の力ではなにもすることができず、悔しい思いのまま廃業の日を迎えました。130年続いた家業を終わりにする松島牧場さんの苦しい決断を無駄にしたくなく、同じくこの出来事を他人事と感じられないメンバーとともに、今できる最大限のことを実行することを決意しました。

ほたる荘 (HP):http://hotaruso.com/
ほたる荘 (Facebook):https://www.facebook.com/kayabukikominka/
おもしろラボ (広島大学内):http://omolab-en.wixsite.com/omolab-en

笠井礼志 (KASAI Reishi)

笠井礼志 (KASAI Reishi)

プロフィール:志和町で私塾“寺子屋こんこん”を営むかたわら、古民家を活用したシェアハウスプロジェクトも進行中。

コメント:志和に関わりを持ち始めて、6年が経ちました。豊かな自然とあたたかい人が、この町の良い所です。なんだ、どこの田舎とも同じじゃないかと思われるかもしれませんが、その通りで、「豊かな自然があって、その地を愛する人がいる。しかしそれを次の世代に伝えるのが難しくなっている。」そんな日本全国の田舎と共通の課題を抱えた場所です。ここから一つ、その課題を解決するチャレンジを起こし、何とか、この地の豊かさを、次の世代につなげていきたいと思い今回のプロジェクトに取り組んでいます。どうぞよろしくお願いします。
寺子屋こんこん:https://www.facebook.com/tem.concon/

菅原亮太 (SUGAWARA Ryota)

菅原亮太 (SUGAWARA Ryota)

志和町に住む広島大学学生。カンボジアにて、下駄でフルマラソンを完走したツワモノ。このプロジェクトの火付け役。役があればどこにでも駆けつける。
わらうすがた:
https://peraichi.com/landing_pages/view/warausugata

Hiromi ISHIMARU

ロサンゼルスに在住しながら日本の地域活性の活動を進めるパワフルウーマン。志和町にも3回ほど訪問しており、虜に。日本ローカル牧場開催の立案者。日本と海外のローカル牧場巡りの中心を担う。

今村久仁生 (IMAMURA Kunio)

菅原亮太 (SUGAWARA Ryota)

光をテーマに写真を撮る志和町在住のプロカメラマン。写真集とギャラリー展示を中心に関わる。
個人ページ:https://www.facebook.com/imamurakunio/

門田聖子 (MONDEN Seiko)

志和町出身のプロライター。写真集と書籍化を中心に関わる。

事業者概要

事業内容
・松島牧場の写真集をつくり地域の歴史として残す
・全国と世界のローカル牧場を訪ねる
・全国のローカル牧場の情報を集める仕組み作り
代表者
杉川幸太

購買型・寄付型プロジェクトでご利用可能な決済方法

・クレジットカード(VISA・MASTERCARD)/ 分配金等利用

キャンセルについて

申込みをした日から起算して8日を経過するまでの間に、運営者を通じて事業者に書面または電子メールによる解約を申し出た場合には、契約のクーリング・オフ(無条件解約)が可能です。その際、既に支払済みの金銭がある場合には返金されますが、銀行振込に際して振込手数料が発生する場合にはお客様にご負担いただきます。また、当該金銭に利息は付きません。なお、プロジェクトへの応募額が申込期間内に定められた目標募集額に到達しなかった場合、返金・キャンセルされる場合がありますが、銀行振込に際して振込手数料が発生する場合にはお客様にご負担いただきます。また、当該金銭に利息は付きません。

イベントにて、プロジェクトの開始を発表しました!

2018/07/11

6月30日・7月1日開催の地方創生会議 in 高野山のプログラム内で行われる参加者プロジェクトピッチでプレゼンしました!

速報レポートはこちら

www.obatakazuki.com/24760364

集まっている金額
-円
目標金額 2,800,000円
上限金額 5,300,000円

-%

-日

このプロジェクトは
購買型
のプロジェクトです

1000円 (寄付重点コース)

1,000

リターン内容

1000円 (寄付重点コース)

・サンクスメール

お届け予定日:2018年9月ごろ

3000円 (フォトブックコース)

3,000

リターン内容

3000円 (フォトブックコース)

松島牧場のフォトブック
牧場訪問メンバー権 (書籍に記名)

お届け予定日:2018年12月ごろ

3000円 (寄付重点コース)

3,000

リターン内容

3000円 (寄付重点コース)

サンクスレター
牧場訪問メンバー権 (書籍に記名)

お届け予定日:2018年9月ごろ

5000円 (寄付重点コース)

5,000

リターン内容

5000円 (寄付重点コース)

サンクスレター
牧場訪問メンバー権 (書籍に記名)

お届け予定日:2018年9月ごろ

10000円 (フォトブック&ギフト)

10,000

リターン内容

10000円 (フォトブック&ギフト)

松島牧場のフォトブック
ローカル牧場のギフト
牧場訪問メンバー権 (書籍に記名)

受付限度数:2

お届け予定日:2019年4月ごろ

10000円 (寄付重点コース)

10,000

リターン内容

10000円 (寄付重点コース)

サンクスレター
牧場訪問メンバー権 (書籍に記名)

お届け予定日:2018年9月ごろ

30000円 (本気の写真集コース)

30,000

リターン内容

30000円 (本気の写真集コース)

松島牧場の本気の写真集
牧場訪問メンバー権 (書籍に記名、コラム書ける権)

お届け予定日:2019年4月ごろ

50000円 (本気の写真集コース)

50,000

リターン内容

50000円

松島牧場の本気の写真集
ローカル牧場ギフト
志和の有機野菜
牧場訪問メンバー権 (書籍に記名、コラム書ける権)

お届け予定日:2019年4月ごろ

100000円 (プロジェクトメンバーコース)

100,000

リターン内容

100000円 (プロジェクトメンバーコース)

松島牧場の本気の写真集
牧場訪問メンバー権 (書籍に記名、コラム書ける権)
プロジェクトメンバーとして書籍で紹介 (希望があれば写真付き)

お届け予定日:2019年4月ごろ

2000円 (松島牧場の牛乳コース、限定33セット)

2,000

リターン内容

2000円 (松島牧場の牛乳コース、限定33セット)

★限定33セット★
6月30日に廃業した松島牧場の牛乳 180mL (1本)
牧場訪問メンバー権

受付限度数:33

お届け予定日:2018年7月1日、2019年4月ごろ

6000円 (松島牧場の牛乳コース、限定7セット)

6,000

リターン内容

6000円 (松島牧場の牛乳コース、限定7セット)

★限定7セット★
6月30日に廃業した松島牧場の牛乳 900 mL (1本)
フォトブック (後日郵送)
牧場訪問メンバー権

受付限度数:7

お届け予定日:2018年7月1日、2019年4月ごろ

受付期日
2018-08-31 まで

事業者アバター
このプロジェクトの事業者

スギ

さん