TOPICS

カンボジア学生支援 『LaPlace基金』プロジェクト 丸八テント商会 学生新規事業支援ファンド

PROJECT

株式会社YAEN地方創生ファンド

目標金額を達成し、このプロジェクトはサクセスしました。お申し込みいただいた皆さま、ありがとうございました!

=He & bar=「Tanimachi(タニマチ)」プロジェクト

目標金額を達成し、このプロジェクトはサクセスしました。お申し込みいただいた皆さま、ありがとうございました!

株式会社YAEN起業プロジェクト

目標金額を達成し、このプロジェクトはサクセスしました。お申し込みいただいた皆さま、ありがとうございました!

バッグブランド「Hanaa-fu」プロジェクト

目標金額を達成し、このプロジェクトはサクセスしました。お申し込みいただいた皆さま、ありがとうございました!

神戸生まれのブランド「ATAO」プロジェクト

目標金額を達成し、このプロジェクトはサクセスしました。お申し込みいただいた皆さま、ありがとうございました!

PRESS

日経新聞掲載 読売新聞掲載

Information

シーソー背景 プロジェクト プロジェクト成功
シーソー台
事業者

【購買型】関西最大級の無料ローカルフェスITAMI GREENJAMを開催!
『ローカルカルチャーの価値と可能性』を証明したい!

【会員登録ができない】【ログインできない】方はこちらのQ&Aをご確認下さい


このプロジェクトへの推薦文

僕は伊丹で若い人たちが頑張っているのをひたすら応援したいという気持ちでGREENJAMプロジェクトを応援していますが、逆に彼らから教えられたことも凄く多いです。

ITAMI GREENJAMが始まる前は伊丹の中心地で色々なイベントが開催されていたけれど、中心市街地以外の地域から出店者を募ろうとか、 企画内容や当日の運営に関しても僕らには無い発想を彼らは持っていた。

いまやITAMI GREENJAMは伊丹を超えて関西各地から関わりたいという声があがり、伊丹の枠を完全に飛び越えているという意味で、僕らがやってきた事の上を行ってるんじゃないかと思います。

そして何よりも、イベントを通してやってきた事や育まれたコミュニティを、彼らは街に返そうとしている。

そうやって良い循環を生もうとしている事は大原をはじめ、大したもんやと思います。

ITAMI GREENJAMは伊丹の未来の為にも、ずっと続いて欲しいけど、実際運営は本当に大変やろうね。

でも彼らならやってくれるんじゃないかと思ってます。

面白い若者や地元への想いをもった若者っていうのは、どの地域にも沢山いるけれど、そういう子達をちゃんと見つけて世代交代していくっていう事が出来ているのは周辺地域を見ても伊丹だけですよ。

日本で一番若い世代が街中で活躍しているのが伊丹なんやと、そういう気概を持って未来に繋げて欲しい。

伊丹商店連合会会長:荒木宏之

新しい時代の市民祭り。関西最大級の無料ローカルフェスITAMI GREENJAMを通して、今年もローカルカルチャーの価値と可能性を証明し、未来に繋げたい!

はじめまして。ITAMI GREENJAM実行委員長の大原智(おおはら さとる)と副代表の大塚 克司(おおつか かつし)と申します!自分達の手で地元伊丹をもっと面白くしたいという想い、自分達の地元で音楽フェスをしたいという初期衝動で2014年からITAMI GREENJAMという無料野外音楽フェスを始めました。

プロフィール写真

代表 大原智(おおはら さとる)

プロフィール写真2

副代表 大塚 克司(おおつか かつし)

プロジェクト写真3

このイベントの重要な要素として、イベントの制作運営には殆ど「プロ」が入っていない事に加え行政などからの資金援助も現状受けていないという事です。イベントを成立させる為に必要な様々なリソース(ステージ設営・デザイン物制作・映像・写真・会場デコレーション・各ブース企画制作運営・事務局機能など)のほぼ全ては市民の手で構成されています。全国規模で見てもこれだけの規模と内容の音楽フェスを市民主体の手作り形式で成立させている街を僕は知りません。

プロジェクト写真4

プロジェクト写真5

プロジェクト写真6

プロジェクト写真7

プロジェクト写真8

初開催の2014年から地元市民の皆さんのお力添えと様々な企業様のご協力の元で、間の2016年に悔しい中止を挟みながらも無料開催を続け育てて頂いたこのイベントは、昨年には2日間開催延べ25000人の方にご来場頂ける、ローカル地方で開催する無料野外音楽フェスティバルとしては関西最大級規模のイベントになりました。

僕達の街の文化価値を証明出来ている事やこのイベントをきっかけに様々な街の動きが生まれている事は本当に嬉しい事ですし、このイベントをやって良かったという喜びを抱えながら今年6年目を迎えます。

プロジェクト写真9

プロジェクト写真10

そんな想いが膨らみ、人から人へ伝わっていく形で年々大きくなっていくITAMI GREENJAM。

一方で年々来場者数が増え規模が大きくなるという事は、イベントに求められる事も増えるという事です。中でも最も重要なのが「安全面の強化」と「運営スタッフの負担軽減」であり、今これらの問題が本イベントに大きく圧し掛かってきています。

ITAMI GREENJAMはイベント名では無く「プロジェクト名」。このプロジェクトを未来に残したい!

良く勘違いされる事なのですが、僕達はITAMI GREENJAMという「1年の中で最も地元が熱くなる2日間」を作る事を目的とはしていません。このイベントを通して、ローカルカルチャーの価値と可能性を証明する事が僕達のミッションです。

ローカルとは【人】を意味する言葉でありカルチャーとは【文化=生活】を意味する言葉だと僕達は捉えています。

プロジェクト写真11

プロジェクト写真12

僕達はITAMI GREENJAMを軸とした【GREENJAMプロジェクト】で「個人表現の価値証明と可能性拡大」というミッションに対して行動し挑戦し続ける事こそが、「人」の集合体の総称である【地域】を本当の意味で活性させる事に繋がると信じています。

ITAMI GREENJAMを軸としたGREENJAMプロジェクトによって街中に生まれた変化の一部を以下でご紹介させて下さい。兵庫県伊丹市という場所において、ITAMI GREENJAMが始まる2014年以前には想像も出来なかった事ばかりです。

①『「ITAMI GREENJAMをさせてくれた地元の街に恩返しを』。GREENJAMメンバーが中心となり廃空きテナントを改修し、「カフェ」「ショップ」「アトリエ」からなるグリーンジャムビルをオープン

10年以上空きビルとなっていた、地元商店街に佇むビルをGREENJAMパワーで生き返らせる事で地元に恩返しを。

そんな想いの元、GREENJAMで育てて頂いたエネルギーとコミュニティを活用して、全てを手作りで蘇らせました。

プロジェクト写真13

(10年以上空き家となっていたテナントビル / 2016年)

プロジェクト写真14

プロジェクト写真15

このプロジェクトが動き出したのはITAMI GREENJAMを始めて3年目の2016年。ITAMI GREENJAMが自分達でも信じられない程、年々広がっていく中で、僕達の感覚は『伊丹の街でITAMI GREENJAMをやっている』という感覚から『伊丹の街にITAMI GREENJAMをやらせて貰っている』という感覚に変わっていきました。

そうとしか思えない程、このイベントは急激に街の皆さんのものになっていっていったし、どう考えても自分達だけの力で出来るはずがない程、魅力的なイベントに成長していったからです。

ITAMI GREENJAMが『地元の街に開催させて貰ったイベント』なのであれば、このイベントによって生まれたコミュニティやエネルギーを使って、また街に恩返しする事が自分達の役割だと思う様になりました。そんな時に出会ったのが地元商店街に10年以上空き状態となっていた廃テナントビルです。このビルをITAMI GREENJAMのコミュニティとエネルギーを活用して生き返らせようという想いで生まれたのが、『カフェ』『アトリエ』『ショップ』からなる複合ビル「GREENJAM BUILDING」です。

全国どの地方でも課題となっている「空き家/空きテナント活用」という課題に、僕達なりにアプローチさせて頂きました。2016年にオープンしたGREENJAM BUILDINGでは、子供から大人まで地元のコミュニティスポット/カルチャースポットとして賑わっています。

日本初!?フェスから生まれたビル『GREENJAM BUILDING』とは?
https://www.festival-life.com/40756

※様々なメディアにも取り上げて頂いています

プロジェクト写真16

プロジェクト写真17

プロジェクト写真18

プロジェクト写真19

プロジェクト写真20

プロジェクト写真21

ビル内にはこども達が絵画やアートを学ぶ『アトリエ創治朗』も併設されています。

プロジェクト写真22

プロジェクト写真23



②未来の担い手世代が地元で続々開業

ITAMI GREENJAMに影響を受けた若い世代が、『自分も、自分が出来る事で地元に貢献したい』という想いを抱き、続々と地元で店舗開業する流れが生まれています。

井関さん『20年振りに地元伊丹に戻ってきた時に、ITAMI GREENJAMという凄い事が行われている事に衝撃を受けました』

プロジェクト写真24

東京でアパレルの仕事を20年経験した後、地元伊丹にてアメカジショップ「GO!DON」をオープンされました。ファッションという言葉とは程遠いこの街にオープンする事は勇気のいる事だった思いますが、『ファッションで地元に貢献したい』という想いで2015年に開業し、今では地元の若者を中心に支持される大人気店になっています。




中沢さん『ITAMI GREENJAMは私にとって、伊丹を知る事になった大きなきっかけです』

プロジェクト写真25

長年、大阪府の美容業界で働いた後、独立出店する地域を探していた中沢さん。当初伊丹市での出店はまったく考えていなかった様ですが、ふとしたキッカケでITAMI GREENJAMを知った事で、独立出店場所を伊丹市にされたそうです。




石原さん『同世代が頑張っている姿って震えるじゃないですか!?僕にとってITAMI GREENJAMは胸ぐらを掴んで問いかけてくる様な大きな存在です』

プロジェクト写真26

大阪にて某メーカーで鞄制作の仕事をされていた石原さん。2017年に初めてITAMI GREENJAMに遊びに行き衝撃を受けて下ったそうです。ITAMI GREENJAM来場前は伊丹市やどこかのイベンターが開催していると思っていたらしく、地元の自分と同じような世代が手作りで開催している事を知り、『自分も自分の技術で地元に貢献したい』という想いに火がつき、すぐに会社を退職。その後、地元伊丹にて鞄制作アトリエをスタートするという僕達も驚く行動力で、その熱い想いを地元と鞄作りに向けてらっしゃいます。




③「何かしたい」。そんな想いを次々に街中で表現する人達

ローカルカルチャーは「音楽」や「ファッション」の様なものだけではありません。

僕達は子育てを頑張るママの「子育てスキル」や、普段のお仕事や生活、「何かしたい」という想いなど、その全てがローカルカルチャーだと思っています。ITAMI GREENJAMは大規模な無料音楽フェスという、その外見から技術のあるクリエイティブ集団が作っていると思われがちですが、実はこのイベントの作り手の大半をしめるのは普通のママさんやお勤めされている様な方々、時には地元の子供達です。

プロジェクト写真27

プロジェクト写真28

皆さんそれぞれ『ちょっと出来る事』や『地元への想い』を持っていらっしゃいます。GREENJAMプロジェクトとはITAMI GREENJAMやその他のイベント、又は日常の街中などで、世代も環境も異なる様々な方々が『何かを表現する』。

それこそが地域活性の本質ではないでしょうか?

プロジェクト写真29

プロジェクト写真30

プロジェクト写真31

「人」と「街」が形にしてくれたイベント。そして「人」と「街」に影響を与え続け、未来を作るイベント。そんなITAMI GREENJAMに力を貸して下さい。

冒頭にもお伝えさせて頂いた通り、僕達は【地元が大きく盛り上がる2日間】を作りたいわけではありません。GREENJAMとはプロジェクト名であり、そのプロジェクトの1つがITAMI GREENJAMなだけです。そしてGREENJAMプロジェクトのミッションは『個人表現の価値と可能性』を証明する事を通して、このイベント/プロジェクトに関わる方々の【街への想い】が育ち、きっとその想いこそが真の地域活性の本質だと確信しています。

プロジェクト写真32

プロジェクト写真33

2014年に『地元でフェスがしたい』、ただただその初期衝動だけで始めた僕達がこのイベントに育てて貰ったように、ITAMI GREENJAMは地元や次世代の未来を作る大きな財産です。だからこそ僕達は地元の街に与えて貰ったITAMI GREENJAMを発端とした、このGREENJAMプロジェクトの流れを止める訳にはいきません。この流れを担う事が自分達の使命だと思っています。

そして、GREENJAMプロジェクトの中核であるITAMI GREENJAMを続けるためには、「安全面の強化」や「スタッフ負担軽減への配慮」が急務です。

プロジェクト写真34

プロジェクト写真35

今までITAMI GREENJAMやGREENJAMプロジェクト、そして僕達作り手側の真の想いを明確に打ち出す事はしてきませんでした。

ですので、来場される方の中には「無料で有料フェス顔負けの内容を楽しめるラッキーなイベント」と捉えてらっしゃる方や、「そんなに大変ならお金取ればいいじゃん」というご意見をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

けれども、ITAMI GREENJAMのミッションは『個人表現の価値と可能性証明』を通した、未来に繋がるローカルカルチャーの創造です。

プロジェクト写真36

つまり、町の皆さんに頂いたこのイベントを、未来の「地域」と「人」と「文化」と「生活」に繋げる事です。

その為、来場する事/関わる事の敷居は最大限低く、そして間口も最大限広くしたいというのが僕達の想いです。

「現実を見ない理想論」「エゴ」と言われるかもしれませんが、地域のお祭りの様に来場したいと思った方は全員参加して頂けるイベントでありたいし、関わりたいと思った方は全員関わって頂けるイベントでありたいです。皆さんと最高の空間を作り、皆さんとその空間を共有したいのです。

しかしながら、「フリー」という言葉が「自由」と「無料」の2つの意味がある様に、無料開催を続けるには全ての方に『ITAMI GREENJAMにおける私の自由』を一度考えて頂かないと続ける事が出来ません。

プロジェクト写真37

本イベントの運営費は初年度開催の2014年から約10倍にまで膨れ上がりました。勿論規模に応じて必要予算が増えてくることは当たり前の事ですが、この予算の中には「喧嘩」「立ちションベン」「周辺無断駐車」などなど様々な問題への対応として、本来必要なかったお金を計上せざるを得なくなってきている事も事実です。

このイベントはキャンプの様に、それぞれ役割が異なる参加者達が持ち寄る想いで成立する形を目指します。

「企画する人」「道具を持ち寄る人」「料理を担当する人」「レクリエーションを考える人」「ただただ遊びがてら子守をする人」、そうやって成り立つキャンプ空間を全員が「当事者」として共有し乾杯する。ITAMI GREENJAMもそうありたいです。

そこまでして、そこまで皆さんに求めてまで、このイベントを続ける必要があるのか?そんな事を考える事もありますが、そういった事も含めて、一度このイベントに関しての皆さんの想いを伺いたいというのも今回クラウドファンディングをさせて頂く理由の1つです。

プロジェクト写真38

プロジェクト写真39

プロジェクト写真40

勿論、僕達はこのイベントがある未来とない未来では、地元伊丹が大きく異なってくる事を確信していますし、未来におけるこのイベントの必要性を強く信じていますが、僕達だけの想いでITAMI GREENJAMを続ける事は不可能です。

HPなどをご覧頂ければ分かるかもしれませんが、『マジメな事こそユーモアを交えて伝える』事でしっかり読んで貰いたいという僕達の考え方がある為、今回ご用意させて頂きましたリターン等も、一部ふざけている物もありますが、僕達の想いが伝われば幸いです。

どうかITAMI GREENJAMとGREENJAMプロジェクト、そして未来に力をお貸しください。よろしくお願いします。



資金の内訳に関して

ITAMI GREENJAM’19 収支現状(8月時点)

【収入】

・企業協賛金 7,600,000円

・出店料 3,254,000円

・当日販売物売上(予測) 3,355,000円

収入合計/14,209,000円


【支出】

・設備施工関連/人件費等 7,027,068円

・広報制作物 382,210円

・借り上げ費 2,640,900円

・運営費 2,853,000円

・販売物仕入れ費 2,146,000円

支出合計/15,049,178円

本日時点で最低限の運営費がまだ足りていない事に加え、上記支出項目は前年同様の警備員数や整備備品類のレンタル物数での算出の為、本年開催では、よりこれらの項目の強化を求められています。





【0円応援プラン①】実行委員鳥と友達になってGREENJAMを応援!

ITAMI GREENJAMの先行情報やお得なクーポン、LINE@のお友達にしか配信されないITAMI GREENJAM’19の舞台裏など、

実行委員「鳥」から鳩も豆鉄砲食らうくらいの情報をお送りさせて頂きます

プロジェクト写真41

プロジェクト写真42

【実行委員「鳥」ってなに?】

ITAMI GREENJAMが開催される昆陽池(こやいけ)公園は日本屈指の渡り鳥の聖地と言われている公園。そんな会場で行われるITAMI GREENJAMの実行委員長は実行委員「鳥」とした方がシャレもきいてるし、面白いんじゃないか?という発想の元、至って真面目に考えられた本イベントのキャラクターです。




【0円応援プラン②】ボランティアスタッフで応援!

ITAMI GREENJAMは毎年、沢山の方々のご協力で成り立っています。この規模のイベントを市民/民間100%の力で成立させるには、まだまだスタッフ人数が足りないのが正直なところです。「1日は遊びに行って、1日だけスタッフをしてみる」と言ったような形でも結構ですので、お力添えよろしくお願いいたします。

プロジェクト写真43

ボランティアスタッフ限定STAFF Tシャツ付 / 食事・ドリンク付き
お申し込みはこちらから!

プロジェクト概要

プロジェクトの名称
地域の価値と可能性を証明ITAMI GREENJAMプロジェクト
事業者
一般社団法人GREENJAM
事業内容
イベント企画制作全般、デザイン物制作、イベント音響、映像制作、 WEB制作、飲食事業、スクール事業
目標募集額
金1,500,000円
申込期間

2019年08月28日~2019年09月25日

申込金の使途
  1. 来場者の増加にともなう安全面の配慮や周辺住宅及び店舗への配慮を目的とした人員及び整備資材の費用、スタッフ用ケータリングなど運営スタッフ、ボランティアスタッフへの負担軽減又は配慮処置費用。

※こちらのプロジェクトは、All in型のプロジェクトです。

All in型は、目標金額を達成したかどうかに関わらず、プロジェクト自体は実行可能でリターンをお返しすることができる場合に設定されます。お申込みいただきますと、毎月末ごとに申込情報を取りまとめ、クレジットカード会社を通じてご請求をさせていただきます。またその都度、リターンの提供に必要な情報を事業者に対してお知らせいたします。

大原智(おおはら さとる) プロフィール

大原智 プロフィール

1984年4月1日生まれ / 一般社団法人GREENJAM代表理事・ITAMI GREENJAM実行委員会代表・music&culture neonM代表

プロフィール写真2

副代表 大塚 克司(おおつか かつし)

一般社団法人GREENJAM オフィシャルHP http://greenjam-gia.com

ITAMI GREENJAM’19 オフィシャルHP http://itamigreenjam.com

購買型・寄付型プロジェクトでご利用可能な決済方法

・クレジットカード(VISA・MASTERCARD)/ 分配金等利用

キャンセルについて

申込みをした日から起算して8日を経過するまでの間に、運営者を通じて事業者に書面または電子メールによる解約を申し出た場合には、契約のクーリング・オフ(無条件解約)が可能です。その際、既に支払済みの金銭がある場合には返金されますが、銀行振込に際して振込手数料が発生する場合にはお客様にご負担いただきます。また、当該金銭に利息は付きません。なお、プロジェクトへの応募額が申込期間内に定められた目標募集額に到達しなかった場合、返金・キャンセルされる場合がありますが、銀行振込に際して振込手数料が発生する場合にはお客様にご負担いただきます。また、当該金銭に利息は付きません。

GREENJAM プロジェクト

2019/08/28

開催6年目にして初めてのクラウドファンディングに挑戦する事になりました! 正直に運営費が厳しいというのは勿論ですが、今までご来場下さった方や関わって下さった方々にとって、僕達が今までやってきたこの5年間はどう映っているのか。このイベントの価値はどう評価されているのか。

「大変なんだったら止めたら良いんじゃないの?」

それも1つのご意見だとは思っていますが、もしそんな声が大半を占める様なら、、、という事を考えると、物凄く怖いというのが正直な今の気持ちです。

僕らだけでは到底成り立たなくなったこのイベントのこれからを一緒に考えて頂けたら幸いです。

クラウドファンディング終了までどうぞよろしくお願いいたします。

集まっている金額
-円
目標金額 1,500,000円
上限金額 3,000,000円

-%

-日

このプロジェクトは
購買型
のプロジェクトです

商品アイテム1

とにかく応援プラン

1,000

リターン内容

●ITAMI GREENJAM実行委員「鳥」からお礼のメッセージ
●ITAMI GREENJAM'19 先行情報を配信 LINE@にご招待

※ITAMI GREENJAMの会場である昆陽池公園は全国屈指の渡り鳥の聖地と言われている場所である為、ITAMI GREENJAMの真の主催者は実行委員「鳥」という架空のキャラクターという設定を設けさせて頂いています。

商品アイテム2

実行委員鳥からお礼のお電話プラン

3,000

リターン内容

●ITAMI GREENJAM'19 先行情報を配信 LINE@にご招待
●ITAMI GREENJAM実行委員「鳥」からお礼のメッセージ
●ITAMI GREENJAM実行委員「鳥」からお礼のお電話(声は普通の男性です)

※ITAMI GREENJAMの会場である昆陽池公園は全国屈指の渡り鳥の聖地と言われている場所である為、ITAMI GREENJAMの真の主催者は実行委員「鳥」という架空のキャラクターという設定を設けさせて頂いています。

お届け予定日:2019年8,9月頃

商品アイテム3

GREENJAM facebook非公開グループご招待プラン

5,000

リターン内容

●ITAMI GREENJAMの企画制作をはじめ、その他様々なプロジェクトが日々動いているオンライン上のGREENJAMコミュニティFACEBOOKグループにご招待
●ITAMI GREENJAM'19 先行情報を配信 LINE@にご招待
●ITAMI GREENJAM実行委員「鳥」からお礼のメッセージ

※ITAMI GREENJAMの会場である昆陽池公園は全国屈指の渡り鳥の聖地と言われている場所である為、ITAMI GREENJAMの真の主催者は実行委員「鳥」という架空のキャラクターという設定を設けさせて頂いています。

※お申し込みのメールアドレス宛にご案内いたします。

商品アイテム4

ITAMI GREENJAM19 × CHUMS 限定コラボTシャツ プラン

10,000

リターン内容

●ITAMI GREENJAM19 × CHUMS 限定コラボTシャツ

●ITAMI GREENJAMの企画制作をはじめ、その他様々なプロジェクトが日々動いているオンライン上のGREENJAMコミュニティFACEBOOKグループにご招待

●ITAMI GREENJAM'19 先行情報を配信 LINE@にご招待

※お申し込みのメールアドレス宛にご案内いたします。

※サイズやお届け予定、直接受け渡しのご相談に関しては事業者から直接ご連絡いたします。

※ITAMI GREENJAMの会場である昆陽池公園は全国屈指の渡り鳥の聖地と言われている場所である為、ITAMI GREENJAMの真の主催者は実行委員「鳥」という架空のキャラクターという設定を設けさせて頂いています。

Tシャツのご用意サイズ
(S/M/L/XL/2XL/3XL)

詳しい寸法については下記の表をご確認下さい。

商品アイテムサイズ表

受付限度数:50

お届け予定日:随時発送 or 当日会場受取(9月20日金曜日正午までのお申込みに対応)

商品アイテム5

ITAMI GREENJAM19 × KIU 限定コラボボディバッグ プラン

10,000

リターン内容

●ITAMI GREENJAM19 × KIU 限定コラボ ボディバッグプラン

●ITAMI GREENJAMの企画制作をはじめ、その他様々なプロジェクトが日々動いているオンライン上のGREENJAMコミュニティFACEBOOKグループにご招待

●ITAMI GREENJAM'19 先行情報を配信 LINE@にご招待

※お届け予定、直接受け渡しのご相談に関しては事業者から直接ご連絡いたします。

※お申し込みのメールアドレス宛にご案内いたします。

●バッグのスペック詳細
ボディバッグ素材:
ポリエステル100%
バック部分サイズ:
幅32cm 高さ18cm 奥行12cm

※ITAMI GREENJAMの会場である昆陽池公園は全国屈指の渡り鳥の聖地と言われている場所である為、ITAMI GREENJAMの真の主催者は実行委員「鳥」という架空のキャラクターという設定を設けさせて頂いています。

受付限度数:50

お届け予定日:随時発送 or 当日会場受取(9月20日金曜日正午までのお申込みに対応)

商品アイテム6

【快適安心】レジャーシートやポップアップテント設置に!木陰1区画 事前確保権 9/22(日)分

10,000

リターン内容

●ITAMI GREENJAM19 9/22(日)開催日の会場内レジャーシート1区画(2m×2m)を事前に確保して頂ける権利です

※場所はメインステージ横付近に木が生え茂る木陰エリアとなりますので、日陰となっており非常に快適です。※本エリアからライブステージは見えません

●ITAMI GREENJAM'19 先行情報を配信 LINE@にご招待

●ITAMI GREENJAM実行委員「鳥」からお礼のメッセージ

※お申し込みのメールアドレス宛にご案内いたします。

※荒天等、不可抗力でイベントが中止になった際の保証/ご返金は対応致しかねます。

※ITAMI GREENJAMの会場である昆陽池公園は全国屈指の渡り鳥の聖地と言われている場所である為、ITAMI GREENJAMの真の主催者は実行委員「鳥」という架空のキャラクターという設定を設けさせて頂いています。

受付限度数:35

お届け予定日:当日会場でご案内(9月20日金曜日正午までのお申込みに対応※以降はお申し込みいただけません)

商品アイテム7

【快適安心】レジャーシートやポップアップテント設置に!木陰1区画 事前確保権 9/23(月)分

10,000

リターン内容

●ITAMI GREENJAM19 9/23(月)開催日の会場内レジャーシート1区画(2m×2m)を事前に確保して頂ける権利です

※場所はメインステージ横付近に木が生え茂る木陰エリアとなりますので、日陰となっており非常に快適です。※本エリアからライブステージは見えません

●ITAMI GREENJAM'19 先行情報を配信 LINE@にご招待

●ITAMI GREENJAM実行委員「鳥」からお礼のメッセージ

※お申し込みのメールアドレス宛にご案内いたします。

※荒天等、不可抗力でイベントが中止になった際の保証/ご返金は対応致しかねます。

※ITAMI GREENJAMの会場である昆陽池公園は全国屈指の渡り鳥の聖地と言われている場所である為、ITAMI GREENJAMの真の主催者は実行委員「鳥」という架空のキャラクターという設定を設けさせて頂いています。

受付限度数:35

お届け予定日:当日会場でご案内(9月20日金曜日正午までのお申込みに対応※以降はお申し込みいただけません)

商品アイテム8

【手ぶらで鳥絶快適】パラソル付きガーデニングテーブル&チェア 事前確保権 9/22(日)分

30,000

リターン内容

●ITAMI GREENJAM19 9/22(日)開催日の会場内、パラソル付きガーデニングテーブル&チェア席を確保して頂ける権利です

●場所はメインステージ向かって左手横となりますので、ステージ前観覧者の状況よっては席からLIVEが見れます※写真はイメージです

●ITAMI GREENJAM'19 先行情報を配信 LINE@にご招待

●ITAMI GREENJAM実行委員「鳥」からお礼のメッセージ

※お申し込みのメールアドレス宛にご案内いたします。

※荒天等、不可抗力でイベントが中止になった際の保証/ご返金は対応致しかねます。

※ITAMI GREENJAMの会場である昆陽池公園は全国屈指の渡り鳥の聖地と言われている場所である為、ITAMI GREENJAMの真の主催者は実行委員「鳥」という架空のキャラクターという設定を設けさせて頂いています。

受付限度数:5

お届け予定日:当日会場でご案内(9月20日金曜日正午までのお申込みに対応※以降はお申し込みいただけません)

商品アイテム9

【手ぶらで鳥絶快適】パラソル付きガーデニングテーブル&チェア 事前確保権 9/23(月)分

30,000

リターン内容

●ITAMI GREENJAM19 9/23(月)開催日の会場内、パラソル付きガーデニングテーブル&チェア席を確保して頂ける権利です

※場所はメインステージ向かって左手横となりますので、ステージ前観覧者の状況よっては席からLIVEが見れます※写真はイメージです

●ITAMI GREENJAM'19 先行情報を配信 LINE@にご招待

●ITAMI GREENJAM実行委員「鳥」からお礼のメッセージ

※お申し込みのメールアドレス宛にご案内いたします。

※荒天等、不可抗力でイベントが中止になった際の保証/ご返金は対応致しかねます。

※ITAMI GREENJAMの会場である昆陽池公園は全国屈指の渡り鳥の聖地と言われている場所である為、ITAMI GREENJAMの真の主催者は実行委員「鳥」という架空のキャラクターという設定を設けさせて頂いています。

受付限度数:5

お届け予定日:当日会場でご案内(9月20日金曜日正午までのお申込みに対応※以降はお申し込みいただけません)

商品アイテム10

ITAMI GREENJAM'19でやりたい放題権!実行委員鳥があなたのやりたいを実現出来る様に頑張ってみます!

100,000

リターン内容

●ITAMI GREENJAM'19 内であなたの「やりたい」を実行委員鳥が全力サポート!「グリーンジャム内で○○したい」を叶えれる様に全力で頑張ってみます!

※「あのアーティストに会わせて」など、アーティスト関連はNG

※ITAMI GREENJAM以外でも可能です。(例)「私も地元でフェスがしたい」など

●ITAMI GREENJAM'19 先行情報を配信 LINE@にご招待

※お申し込みのメールアドレス宛にご案内いたします。

●ITAMI GREENJAM実行委員「鳥」からお礼のメッセージ

※荒天等、不可抗力でイベントが中止になった際の保証/ご返金は対応致しかねます。

※ITAMI GREENJAMの会場である昆陽池公園は全国屈指の渡り鳥の聖地と言われている場所である為、ITAMI GREENJAMの真の主催者は実行委員「鳥」という架空のキャラクターという設定を設けさせて頂いています。

9月20日金曜日正午までのお申込みに対応※以降はお申し込みいただけません

商品アイテム11

ITAMI GREENJAM'19 打ち上げ参加権

10,000

リターン内容

●ITAMI GREENJAM19のスタッフ打ち上げにご招待

※出演アーティストの参加はございません

※飲食代は別途必要

※開催日は後日ご案内

※リターンにアルコールを含むため、20歳未満の方はお申込みいただけません。

●ITAMI GREENJAMの企画制作をはじめ、その他様々なプロジェクトが日々動いているオンライン上のGREENJAMコミュニティFACEBOOKグループにご招待

●ITAMI GREENJAM'19 先行情報を配信 LINE@にご招待

※お申し込みのメールアドレス宛にご案内いたします。

●ITAMI GREENJAM実行委員「鳥」からお礼のメッセージ

※ITAMI GREENJAMの会場である昆陽池公園は全国屈指の渡り鳥の聖地と言われている場所である為、ITAMI GREENJAMの真の主催者は実行委員「鳥」という架空のキャラクターという設定を設けさせて頂いています。

商品アイテム11

GREENJAM BUILDING MOGURA CAFE オリジナル珈琲1年間無料権

30,000

リターン内容

●伊丹市にあるGREENJAM BUILDING内のMOGURA CAFEで1年間オリジナル珈琲を無料でお楽しみ頂けます

●ITAMI GREENJAMの企画制作をはじめ、その他様々なプロジェクトが日々動いているオンライン上のGREENJAMコミュニティFACEBOOKグループにご招待

●ITAMI GREENJAM'19 先行情報を配信 LINE@にご招待

※お申し込みのメールアドレス宛にご案内いたします。

●ITAMI GREENJAM実行委員「鳥」からお礼のメッセージ

※ITAMI GREENJAMの会場である昆陽池公園は全国屈指の渡り鳥の聖地と言われている場所である為、ITAMI GREENJAMの真の主催者は実行委員「鳥」という架空のキャラクターという設定を設けさせて頂いています。

商品アイテム13

実行委員「鳥」お薦めの激旨焼き鳥屋さんで代表大原と一緒に飲める権

10,000

リターン内容

●実行委員「鳥」がお薦めする激旨焼き鳥屋さんで代表の大原と飲める権利です。

※「音楽の話」「フェスやイベントの話」など、お好きなテーマでご一緒出来れば嬉しいです

※出演アーティストの参加はございません

※飲食代は別途必要

※開催日は後日ご案内

※リターンにアルコールを含むため、20歳未満の方はお申込みいただけません。

●ITAMI GREENJAMの企画制作をはじめ、その他様々なプロジェクトが日々動いているオンライン上のGREENJAMコミュニティFACEBOOKグループにご招待

●ITAMI GREENJAM'19 先行情報を配信 LINE@にご招待

※お申し込みのメールアドレス宛にご案内いたします。

●ITAMI GREENJAM実行委員「鳥」からお礼のメッセージ

※ITAMI GREENJAMの会場である昆陽池公園は全国屈指の渡り鳥の聖地と言われている場所である為、ITAMI GREENJAMの真の主催者は実行委員「鳥」という架空のキャラクターという設定を設けさせて頂いています。

受付期日
2019-08-28 17:00 から
2019-09-25 17:00 まで

事業者アバター
このプロジェクトの事業者

一般社団法人GREENJAM

さん